スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさぐれ探偵奮闘す 『ハワード・ザ・ダック:アヒルの探偵物語』紹介

 もしかしたら、もう書店に並んでいる地域もあるかもしれませんが、明日2月22日は『ハワード・ザ・ダック:アヒルの探偵物語』(ShoPro)の発売日となっております。
 そこで今回は、この作品のかんたんな紹介を。

 ハワード・ザ・ダックはひょんなことによって、別の宇宙からこの世界にやってきた、唯一のアヒル型知的生命体です。
 逆の想像をしてみてください。私たちが突然アヒルが言葉をしゃべって文明を発達させている世界に飛び込まされたら、と。言葉は通じたとして、すべて道具や食べ物はアヒル基準、美的センスもアヒルとなれば、テレビでは美男美女のアヒルのラブストーリーが展開して、雑誌を見たら美女アヒルのピンナップがパラリ……
 考えただけでもうんざりと憂鬱になってきます。
 そういう世界に放り込まれたハワードは、ですので、ずいぶんとやさぐれています。
 コミックスが開幕するや留置所に放り込まれていて、隣では「なんでこんなところにオスのアヒルがいるんだい! あたしにだって権利があるんだよ! 人間の権利が! ニューヨーク市民の権利がさ!」おばさん妙齢の女性がしきりにわめき散らしているんですから、しかたないかもしれませんが……
 とにかくアヒルということで刑事から色眼鏡で見られる、歩いているだけでも通行人からは驚かれる、こうなるとぼやきのひとつもこぼれてもしかたないでしょう。
 つまりは、このハワード氏、見た目がアヒルなだけで、中身はどこにでもいる一般人とさしてかわりない存在なのですね。
 もっとも、やさぐれ、ぼやき、能力としては一般人とさしてかわらないハワードですが、けれども自らの境遇が境遇だけに、同じような立場のひとに見せる義侠心は本物で、だからこそ多くのひとびとにときに侮られながらも、しっかりとヒーローのひとりに名前を連ねている理由がところどころで見られ、口はわるいですが憎めないキャラクターとなっています。
 そんなやさぐれアヒル探偵が、周囲から奇異の目で見られつつ、ぼやきをぽろぽろこぼしながら、身過ぎ世過ぎのために営んでいる私立探偵業務に精を出すというのがおおまかなストーリーラインとなります。

 今回、その私立探偵事務所に持ち込まれたのは、ブラック・キャットに盗まれた家宝のネックレスを取り戻してほしいという依頼でした。しかし、これがまさか宇宙を股に掛けた大冒険の引き金となり、高齢者の犯罪問題をからめて、地球をおびやかす危機へとつながるだなんて、当のハワードは思いもよらないのでありました。
 テンポよくころころと移り変わる舞台で、次々に登場するゲストキャラクターたち、そこにクワックワッとくちばしをはさみこむハワード、この掛け合いが見どころのひとつとなっています。
 シーハルクの日常的なシーンは珍しいですし、ファンタスティックフォーのからみも邦訳本だと貴重に思えます。
 また、各話の間には独立した短編がはさみこまれているのですが、こちらもさらにしょうもない(褒め言葉)話となっていて、ついクスリとさせられます。個人的なおすすめは老ウルヴァリン(オールドマン・ローガンではありません)とのゆるい掛け合いを見せてくれる一編です。

 お話としてはコメディとなり、どっかんどっかんと爆笑に次ぐ爆笑という感じではないのですが、読んでいるとゆるいくすぐりがそこかしこに用意されておりまして、だらしなく笑っているうちになんだか癖になっているというスルメのような味わいのあるシリーズです。
 物語としましても、直後に特大クロスオーバー「シークレット・ウォーズ」の開幕した関係上、この本に収録された分で完結しており、きりよく読むことができます。
 シリアスに疲れた際に手を伸ばすのにちょうどいい一冊、そんな感じの本になっています。
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。