FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩雪に舞う

 北村薫の『鷺と雪』を読みました。
 シリーズ第1作『街の灯』は単行本刊行直後に購って読んだので、全編読み切るまでずいぶんと時間を掛けてしまいました。
 女学生である〈わたし〉と、そのお抱え運転手としてある日雇われてきたベッキーさんこと別宮みつ子のふたりを主人公にあしらった連作ミステリであるこのシリーズは、『街の灯』『玻璃の天』そして『鷺と雪』で完結をみております。
 その謎解きの鮮やかさと昭和初期という時代を活写する筆の力の確かさを兼ね備えた珠玉の作品群でした。
 最終巻の本書では「不在の父」「獅子と地下鉄」そして表題作「鷺と雪」が収録されていますが、一般的な推理小説や探偵小説をイメージすると少々肩すかしを食うかもしれません。
 ここには侵入不能な密室や不可解な暗号といったシチュエーションはありませんし、そもそも殺人事件さえなく、それどころか事件として報じられるべき劇的な事態も謎解きの対象にはなっていません。
 かろうじて「不在の父」で描かれた人物消失が、そうしたミステリからから想像されるものに最も近いかと思えます。
「日常の謎」という、ジャンルとしてのミステリのサブカテゴリーとして表されるものがあります。
 何気ない日常の風景の中で、看過されるような出来事や言葉に違和を見出し、そこに隠された謎を明らかにしていくという手法で、著者である北村薫はデビュー作『空飛ぶ馬』以来これを得意としている作家なのです。
 この「日常の謎」は、それを解くにあたる理由づけを行う必要があります。
 例えば殺人事件や誘拐、盗難であれば、そのあたりは社会正義にまかせれば事は済みます。不可解な状況で殺された人物がいて、その犯人を求めるという行為には、それ以上の動機づけがなくとも読者は納得できるでしょう。
 けれども、日常の些細な光景の小さな差異を発見したからといって、それを追求するにはそれなりの理屈がなければ、読んでいても「どうしてそんなことが気になるの?」と白けてしまうでしょう。
 北村薫は、この理由づけをとても丁寧に時間をかけて描写してくれるので、読んでいて不自然を感じることがなく、ページを繰るうちに世界と謎にどんどん引き込まれてしまうのです。
 このあたり、おそらく当代随一といっても過言でない文章力の凄烈さがいかんなく発揮されています。
 そしてその理由づけに書かれたセリフや所作のひとつが、実は謎にからんでいたと知らされ、読み終えた後に深いカタルシスを味わわせてくれて、謎を基点として重層的に物語が組み上げられている構成の妙にも舌を巻かされるという具合です。
 この通称〈ベッキーさんとわたし〉シリーズでは、そこに昭和初期の、現在とは既に隔絶された時代の風俗や人情も合わさり、さらに深い物語の襞が重なり合っています。

「不在の父」は、白昼自宅から姿を消した子爵の謎を追うストーリーで、今では西洋の歴史やそれを模したファンタジー世界くらいでしかお目にかからない爵位という制度が、かつて日本にも存在して、それなりに重んじられていたという社会情勢を丁寧に書いてくれています。
「獅子と地下鉄」は良家の年端もいかない少年が夜にひとり上野でぶらついていたところを補導された、そのホワイダニットを明かす趣向です。上野に限らず、昭和初期における東京の土地土地の認識が、上層階級の人間の目から書かれ、土地ごとに引かれた境界線のようなものが認識できるようになっています。
「鷺と雪」は、「不在の父」と逆に、いるはずのないひとの目撃譚の謎を取り扱った作品で、物語の大きなキーとなる品物が、話のなかでさりげなく配置されているのがとてもうまく、また当時のお金の価値についても理解しやすい配慮がなされています。

 全編を通して、前2巻で大きな役割を果たしていたベッキーさんが、すっかり裏役に引っ込み、時折〈わたし〉に重要な助言を与えるところに落ち着いているのが印象的です。
 昭和7年を物語の発端として、昭和11年に幕を閉じたその4年間で、〈わたし〉がそれだけ成長したことを表し、それだけ大人としての成熟を帯びてきた主人公が一人前の大人として独り立ちしていこうとする様が、非常に手堅く描かれています。
 それだけに、物語の結末で〈わたし〉に降りかかる、感情的にも社会的にも強い衝撃が、鋭く読者にも食い込んできます。
 これに関しては、もう是非とも本文にあたってください。
 きっと、街の灯や玻璃という彩りを、最後に鷺と雪で塗り固めた作家の才に、ただ感嘆するほかなくなることでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 文学・小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。