FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発売直前紹介『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』

CD_01_FC.jpg 少し前に『ホークアイ VS. デッドプール』の邦訳版が出たばかりだっていうのに、今度は『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』ですよ。ひと月に2冊の邦訳刊行なんて久しぶりですね。しかも、今回はミニシリーズではなく、オンゴーイング誌の邦訳です。
 というわけで、今月5月30日、ヴィレッジブックスより『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』の邦訳版が発売となります。

 上でも少し書きましたが、今回の『ケーブル&デッドプール』というのは、『ホークアイ VS. デッドプール』と違いオンゴーイング誌となっております。
 期限を決めずに刊行されるシリーズで、キャラクターに焦点を当てて話が継続していく作品です。現状ShoProから刊行されているマーベル・ナウ!の『デッド・プレジデント』以降のナンバリングされた作品シリーズがこれにあたりますね。
 対して『ホークアイ VS. デッドプール』のようなストーリーが何話で完結するかがあらかじめアナウンスされているのは、ミニシリーズとかリミテッドシリーズと呼ばれています。
 それでこの『ケーブル&デッドプール』のもととなったオンゴーイング誌「Cable & Deadpool」は2004年から開始された全50号のシリーズで、そのうち『青の洗礼』にあたるのは最初の6話になります。
 ちなみにこの2004年という年は、邦訳の出ているデッドプール関連作品でいえば、短編集『デッドプール:デッド・ヘッド・リデンプション』に収録されている「デッドプール・チームアップ」を除けば最も古いものになります。
 個人タイトルを獲得した第2期「Deadpool」誌よりもさらに前の話ですから、『デッドプール:モンキー・ビジネス』で描かれた自分の生き方に苦悩する姿もまだ確立されておりません。ある意味はちゃめちゃなアメコミキャラクターとしてのデッドプール像に最も近い作品であるかもしれません。
 2004年はマーベルの世界でも激動の年でした。特に「The Avengers」誌を中心にこの年の中盤から末にかけて展開された「アベンジャーズ・ディスアッセンブルド」におけるアベンジャーズの解散と、ラグナロクによるソーの死亡は必然的にパワーバランスに大きな変化を生じさせました。
 スカーレット・ウィッチの暴走に端を発するアベンジャーズ解散は、やがてスーパーヴィランの大量脱獄や「ハウス・オブ・M」に直接・間接的に結びつき、ミュータント人口の激減や統率の薄いヒーローの乱立は、超人登録法の必要に世論を大きく傾かせていきヒーロー同士の信頼に大きな亀裂を生じさせます。その隙をついての異星人の侵略の顕在化、ヴィランによる政治権力の奪取が起こり……
 以降5年以上に渡る長い暗鬱の時代がすぐそこに迫っていたのが「Cable & Deadpool」の開始時期だったといえます。
 ちなみに、邦訳コミックで同じ時期にあたるのは、『ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト』『アイアンマン:エクストリミス』『アストニッシングX‐MEN:ギフテッド』『パニッシャーMAX:ビギニング』『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』といった作品になります。
 ラインナップからしても既存のキャラクター達に、新たな一面を与えるものが多くなっているように思えます。
 そういう点からすれば、これまでのヒーロー像を大きく逸脱したヒーローであるデッドプールの2番目のオンゴーイング誌がこの時期にはじまったのも、時代的な必然性を負っていたのかもしれません。

 前置きが長くなりましたが、以下『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』の内容のかんたんな説明を。
 発端は一本の電話からだった。
 テレビにかじりついて休暇を楽しんでいたウェイド・ウィルソンは、ワンワールド教会を名乗る宗教団体から仕事の依頼を受ける。
 巨額の報酬を提示され一も二もなく請け負い、向かった先はフランス。迎え入れられたその総本山は、外観こそ荘厳な教会建築をしていたが、内部には最先端の科学技術を盛り込んだ研究施設が設えられていた。
 そこでデッドプールはドイツにあるサニックという巨大製薬会社が、遺伝子操作の結果、あるウィルスを作り上げたことを知らされる。これは未来的に人類に脅威をおよぼすものだが、教会の科学力をもって適切に使用すれば、むしろ利益となる代物だと伝えられ、その入手こそが依頼内容だと明かされる。
 話にきな臭いものを感じないではなかったが、目の前に差し出された現金の力にあっさりと疑念を封じ込め、その足でドイツへと飛ぶ。
 その頃ドイツでは、ケーブルが、独自にサニックを調査していた。
 デッドプールとケーブルは、それぞれ異なる経路から、とはいえ、意外と同じくらいに大雑把にサニックへと侵入(というよりは闖入)を果たす。やがてその最奥部、目的のウィルスが安置されているはずの研究室で、因縁多いふたりは再会を果たす。
 デッドプールとケーブル、ウィルスを手に入れるのはどちらか? 果たしてウィルスの正体とは? ケーブルの目的は? デッドプールはどう場をかき回すのか?

 新雑誌の冒頭らしく、次第に大きくなっていくストーリーは、予測もしない方向へ伸びていき、読者を物語世界へ引き込んでいきます。
 人気にもかかわらず、これまであまり大きな扱いを受けてこなかったケーブルが前面に出てくる。現在のようにヒーローたることを特に意識していなかったデッドプールが見れる。などなど、最近の邦訳傾向とは異なった点が、新鮮に読める1冊だと思います。

スポンサーサイト

テーマ : アメコミ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。