FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若気の至れり尽くせり

 落語にはいわゆる芝居噺、芝居ものなどと呼ばれる一連の演目があります。
 もっとも芝居といいましても今の新劇、大衆演劇、ましてやミュージカルなどが登場するはずもなく、歌舞伎ということになります。
 江戸時代の歌舞伎といえば、現在のテレビドラマにも似た気安い娯楽であり、それだけにひとびとの思い入れも強かったのでしょう、様々な個所でさりげなく取り入れられていますが、時代がくだれば嘗ての娯楽もいまや芸術と、少々格式に変化があり、残念ながらその趣向の多くを手軽に味わうことは難しくなっています。
 その庶民の娯楽であった歌舞伎でも、落語で登場するとなりますと、これは九割方忠臣蔵と相場が決まっております。
 ぱっと「七段目」「蔵丁稚」といった演目が思い当たります。
「淀五郎」という噺もそんな内のひとつです。
 落語での忠臣蔵は、現在よく知られる浅野内匠頭と吉良上野介との確執からはじまる赤穂義士の話ではなく、それをモデルとした「仮名手本忠臣蔵」が扱われており、はじめて聴けば人名の差に戸惑うこともしばしばですが、大筋は同じですので、しばらくすれば「なるほど、こういうものか」とあまり気にならなくなります。
「淀五郎」のおおまかなあらすじは次のようなものです。

 大興行にて忠臣蔵全段を演じることになった市川團蔵一座、その中で塩冶判官(浅野内匠頭)に抜擢されたのは、まだ座に加わって間もない澤村淀五郎だった。
 喜び勇んで趣向を考え尽くして、いよいよ臨んだ芝居の初日、ところが判官最大の見せ場である切腹の場面で、全編の主役ともいえる團蔵の演じる大星由良助(大石内蔵助)が奇妙な演出を行い、傍らに近づかなければならない場面でずっと離れたまま芝居を行ったおかげで、非常に間の抜けたものになってしまう。
 芝居が上がり團蔵の趣向の意味をたずねると、意外にも「お前の芝居がまずいから近づけない」と逆に叱責を受ける。
 困ったのが淀五郎で、なにがどう悪いのか考えてもわからず途方に暮れるばかりで、寝ずに別の芝居の型を考えて翌日に臨んでみるものの結果は前の日と変わらない。
 改めて團蔵のもとに行き理由をたずねてみてもやはり昨日と同じく自分で考えろの一点張り、やがて「考えてわからないようならいっそ舞台の上で本当に切腹して死んでみせろ」とまでいいだす始末。
 なにしろ血気盛んな若手の頃、その場では一言もなくとも内心憤懣やるかたなく、「それなら死んでやる。いや、その前に團蔵に一太刀浴びせて」などと物騒な思いに駆られだす。心が決まれば動かしようもなく、この世の暇乞いにと、世話になったやはり当時の名人中村仲蔵のもとに挨拶に向かうが、そこで團蔵の真意を伝えられたうえで淀五郎の短慮を諌められる。そして淀五郎の芝居の足りない点を指摘され、にわかに開眼し塩冶判官を演ずる肝を習得する。
 やがて明くる日、三度切腹の場におもむき、ついに掴んだ芝居の型でもって塩冶判官を演じきり、團蔵もそれを認めてふたりの息がぴたりとあった舞台が出来上がる。

 落語といえば滑稽というのが通り相場となっておりますが、必ずしもそうとは限らず、人情噺や怪談噺が真打の大ネタとして演じられ、おおいに聴衆を泣かせ総毛立たせています。
 そういう点ではこの「淀五郎」という噺は偉人の立志伝語りで、笑いの場面は全編で数ヶ所を数える程度です。それだけに演者の、それぞれの登場人物の語りぶりがまっすぐに伝わってきます。
 そのなかで、私は五代目立川談志が演じた「淀五郎」がとても好きなんです。
TD_09.jpg 特に(といえばあたかも談志の「淀五郎」をたくさん聴いたみたいですが、なんのことはありません。たったひとつきりです)CDとしても発売されている、昭和42年9月13日に行われた「第22回ひとり会」でのものに強い愛着を持っています。
「淀五郎」は五代目古今亭志ん生、六代目三遊亭圓生、彦六の正蔵こと八代目林家正蔵といった並み居る昭和の大名人が演じてその一門に受け継がれておりますが、談志は落語家ではなく講釈師一柳斉貞丈より教えを受けて自らのものとしており、登場人物の名前が異なっていたり(そもそも主人公からして澤村淀五郎でなく嵐谷之助になっています)細部の展開に差があったりするのですが、サゲにいたるまでの話の筋に違いはありません。
 この噺は偉人の出世譚だけに、匙加減をまちがうと説教くさくなりすぎて聴いておりまして白けてくるもので、談志のこの時のものも特に音羽屋尾上菊五郎(他の演者では中村仲蔵にあてられる役回りの人物です)のセリフにこのにおいがついてまわります。また團蔵も「皮肉團蔵」という二つ名をマクラで伝えて、その名前の響きだけで突っ走って人間味の薄いいやな人物になってしまっているきらいはあります。
 それでも、私がこの「淀五郎」を好むのは、主人公の谷之助のひたむきさが迫ってくるからです。
 芝居が悪いとけなされ、叱り飛ばされ、しまいには「お前の下手が上手な俺にまでうつる」とまでいわれ、挙げ句に死ねと突き放される谷之助が、はらはらと涙をこぼして激高する際の迫力には、談志自身の慟哭と憤怒がこめられているような気がします。
 この昭和42年という年には、談志31歳、既に真打に昇進し、頭角を現してはいたものの、名人と呼ばれるにはまだまだ早く、向こう意気だけでひたすら疾駆していた時代でした。
 同業者からも客からも、自分の芸について意見されたことも多々あったことだと思います。それに対して「なにくそ」とにらみ返してみせる、その貪婪とした眼差しが声の向こうからひしひしと感じられる。
 半世紀近く経って、さらに再生機械を通してすら眼光は差し込んできます。
 これがあるからこそつい盤に手が伸び、再生のスイッチを押してしまうのでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : 落語 - ジャンル : お笑い

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。