FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『デッドプールVol.3:グッド・バッド・アンド・アグリー』原文比較

DP_03_03ja_FC.jpg 邦訳のデッドプール本のうち日本語独特の言い回しが、原文ではどのようになっているかを比べてみよう、の先週発売されました『デッドプールVol.3:グッド・バッド・アンド・アグリー』バージョンです。
 今回も邦訳を上に原文を下にそれぞれ引用しています。邦訳の方には該当するページ数も。
 さて、前回にもちらっと書きましたけど、なにしろ今回はシリアスストーリー、短いですよー

「そう怒るなよ。メンゴメンゴ」[次のデッドプールのセリフは飛ばします]
「“ゴメン”っていう意味…ゲホッ!」(p. 7)
“Just joshin’, dude. We’re Copacetic.”
“It’s an adjective meaning agreeable or .. WALLOOOOOF!”

 のっけからメンゴなんていう80年代的な単語が飛び出してきて、なつかしくも気恥ずかしい思いに駆られますが、原文で該当するCopaceticは「順調な」や「素晴らしい」「快適な」などを示す形容詞で、やはりかなり軽い言葉のようです。
「ちょっとからかっただけじゃんか。ハッピーっしょ」ぐらいのところでしょうが、前の言い争いでもこのcopaceticが含まれていますので、それに合わせて意訳しているものと思われます。
 この後も死語がいくつか出てきますが、おそらく当時のはやり口調を日本語にスライドしたものでしょうから、そのあたりは省略いたします。

「ヒーロー気取りめ、白黒つけてやる!」(p. 19)
Kill the zeros that think they’re heroes… with extreme prejudice!

 底辺(zero)とヒーロー(hero)で韻を踏んでいるのでしょうが、このあたりは日本語にしようがないですね。
 ちなみに個人的にこのzeroとheroの掛け言葉は思い入れがちょっとあります。
 ロック界有数の変態ギタリスト親父であるフランク・ザッパに「拷問は果てしなく(The Torture Never Stops)」という曲があるのですが、それを盟友キャプテン・ビーフハートが歌っているバージョン(というか本来ではこちらが原曲なのですが)に、次のような一節があります。
「銀バエがぶんぶん飛び回る絶望の地下牢 彼らは一体何者なんだ? あの野郎がここに閉じ込めている彼らは? 狂っているのか? 聖者なのか? でっち上げられた英雄なのか? でっち上げられた連中なのか? そんな奴らじゃないのか? でっち上げられた脳無しか? でっち上げられた脳無しか?」(茂木健訳)
 このうちの「でっち上げられた英雄」という個所が、”Are they heroes someone painted?”でその後に「でっち上げられた脳無し」の”Are they zeros someone painted?”と対応しています。
 ビーフハートの振り絞るような歌い方が印象深くて頭に残っているんですね。
 ちなみにザッパは日本でこそ知名度は低いですが、没後20年経っても本国アメリカでは定着した人気があり、アメコミでも結構いろんなところでちなんだネタが出てきます。

「“中華スープにクソ混入なう”ってツイートしてた」(p. 31)
He tweeted that he was “Putting the ‘Dump’ in the dumpling soup” here.

 スープ用の肉団子(dumpling)と汚物(dump)のシャレですが、なんでよりにもよってこんな単語が似通うんでしょうかね……

「赤の他人とは話さないの」
「おいおい、俺は赤い傭兵だぜ」(p. 31)
“We’re not supposed to talk to strangers.”
“I’m not a stranger, I’m your uncle Deadpool.”

 原文では「知らない人じゃないよ、デップーおじさんだよ」と、誘拐犯もかくやとばかりの不審者発言ですが、ヒーローズ・フォー・ハイヤーとチームを組んでいた(と思い込んでいる)デッドプールですので、アイアンフィストの教え子を遠い弟弟子のようにとらえていたのかもしれません。

「土管が爆発するとどんな音?」
「何を入れた?」
「ドッカーン!」(p. 106)
“What do you call a giant rock dude that bleeds to death?”
“What did you do?”
“Mount Gushmore!”

「出血多量で死にそうな岩石野郎ってなーんだ?」「ガシュモア山!」
 直訳ではなにがなんだかわかりませんね。
 ガシュモア山はフロリダにあるディズニー・リゾートの一画ディズニー・ブリザード・ビーチのシンボルです。東京ディズニーランドのシンデレラ城みたいな扱いと考えてもらったらいいと思います。
 ガシュモアをgushとmoreのふたつの単語からなっていると考えますと、「さらにどくどくと血が噴き出す」ともとれます。
 このふたつの意味を合わせて、岩のように変身した兵士がこれから無残に死んでいくのを、ファミリー向けのリゾートで喩えるというなかなかに意地の悪い趣向となっています。多分、相手がアメリカのリゾート施設なんて知らないだろうという揶揄も含まれているのでしょうね。

 と、まあ、今回はここまでです。
 そういえば『グッド・バッド・アンド・アグリー』では読者のお便りコーナーがありませんでしたが、原書では前2巻と同様用意されています。場所でいえば#13と14の間ですね。巻末の#19のうしろにはもともとないようです。ストーリーのテンポを考えて訳出しなかったのでしょうね。

スポンサーサイト

テーマ : アメコミ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。