FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野坂昭如『鬱と躁』

 前回書きました歌手野坂昭如の雑感が、Twitterなどでも思った以上に反響をいただきまして、あれだけだとざっくりし過ぎているなと申し訳ないところが多かったですので、もうちょっと詳しく、私の持っている範囲で各アルバム単位で感想などを書き散らしてみようと思った所存。
 どちらにしても散らすあたりに私の限界が透けて見えますが、そこはどうか御容赦を。

US.jpg『鬱と躁』(オリジナル:1972年、リイシュー:1975年、CD:2000年、CDリイシュー:2011年)
1:話 2:マリリン・モンロー・ノーリターン(嗚呼天女不還) 3:梵坊の子守唄(松浦地方の子守唄) 4:バージン・ブルース 5:大脱走(にっぽん大震災心得) 6:花ざかりの森 7:心中にっぽん 8:サメに喰われた娘 9:ポーボーイ 10:漂泊賊 11:幸福のどん底 12:黒の舟唄 13:黒の子守唄



 1969年に「ポーボーイ」でレコードデビューして以来、CBSソニー、ポリドール、日本コロムビアとメジャーレコード会社を渡り歩き3枚のシングルを出したものの、売れ行きは玄人向け、はっきりいってぱっとせず、それでもプレイボーイな人気作家であり、ほうぼうの講演はひっぱりだこ、そこで思いついた、のかはわかりませんがシングルデビューと同時くらいから方々の女子大の学園祭をめぐって講演とコンサートの二段構えで自慢の喉を披露しておりました。いまでいうところの、学園祭ツアーの嚆矢を野坂昭如がなしたわけです。
 この『鬱と躁』の5曲目までは、そんな女子大コンサートのライブ録音となっています。冒頭の講演から「女子大に来て男の顔を見ないといけないというのは最も大きな裏切りだ」とぼやき節が飛び出しますが、歌の方はかなり調子よく、代表曲である「マリリン・モンロー・ノーリターン」からずいぶんと声がはねて朴訥とした歌い方ながらも奇妙なグルーヴを生み出しております。
 個人的に好きなのは5の「大脱走(にっぽん大震災心得)」でこのアルバムでしか聞けない曲です。なにに追い立てられているのかわかりませんが、とにかく義理も名誉も服も貞操もなにもかもほっぽり出して逃げちまえとアジテートしています。とはいえその声が実に能天気で「みんなすててこステテコシャンシャン」と歌い上げられると、力が抜けてそうやって逃げ出すことからさえ逃げ出してもうどうでもよくなってきます。
 6曲目以降はスタジオ録音パートとなります。桜の木を中心としてその周辺でくり広げられる凄惨で荒涼とした風景を歌っているはずなのに、何故か穏やかな雰囲気の漂う「花ざかりの森」は、そう書きますとコンセプト的に失敗しているようですが、聞いてみればこれがミスマッチどころか実にしっくりきます。「サメに喰われた娘」も同じ系統で、自分の前から姿を消したあの娘をサメに食べられてしまったのだと納得しようとしていながらも「でも……」と別の疑念を振り払えない哀しい曲ですが、「夏が来るたび思い出す」と唄い出すもののどちらかというと春の麗らかさが香るこれまた野坂昭如だからこその歌といえます。
 そして歌手野坂昭如の名前を一般に刻み込んだ「黒の舟唄」です。「男と女の間には暗くて深い河がある」や「Row and Row Row and Row ふり返るな Raw Raw」のフレーズは馴染みが深いのではないでしょうか。
 野坂昭如のサードシングル「マリリン・モンロー・ノーリターン」のB面として作られた曲ですが、もちろん(ここでもちろんというのもさびしいですが)本人ではヒットせず、その後盲目のシンガーソングライター長谷川きよしや加藤登紀子によるカバーで知られていくことになります。
 その長谷川きよしの持ち曲を歌ったのが「心中にっぽん」「漂泊賊」で、このアルバムのみの録音となっています。特に「心中にっぽん」の「日本狭いぞラリパッパ タンナタラリヤ ラリパッパ」というサビの歌いっぷりは、野坂自身の歌という感じが出ています。
 1枚通してみまして、ライブとスタジオ録音がまざっているものの、トータルで齟齬はなく、また野坂昭如の唄も初めてのアルバムとは思えないほど堂々としています。
「マリリン・モンロー・ノーリターン」「バージン・ブルース」「黒の舟唄」という定番曲もしっかり収録されていて、MCもたっぷり聴ける。初めて野坂昭如の唄に接するとしたら最適なアルバムだと思います。

 と、曲の話はここまでとしまして、最後に簡単にこの盤のエディションの解説を。
 この『鬱と躁』は上記しております通り1972年に自主制作のレコード盤として発売されました。これが元盤ですが、この状態で復刻がされたことは一度もありません。
 その後、1975年にメジャーレコード会社であるワーナーから再発された際に、A面のライブ録音はそのままでB面のスタジオ録音部分の楽曲が大幅に変更されました。
 現行手に入るP-VINEによるCDは、このワーナー盤を元にして、何故かもとの自主制作盤に収録されていた「幸福のどん底」だけを収録したバージョンになっています。(最初のCD化の際に、ライブ録音サイドでも1曲削られていたのですが、そちらも元に戻っています)
 P-VINEは主にアメリカのブルースの貴重盤を復刻してくれているありがたいレーベルなのですが、こうした意図が不明瞭な編集がちょくちょく入るのが玉に瑕ですねえ……

 あう、3枚くらい書くつもりだったのが、思わぬ文字数に……
 すいませんが、以降のアルバムにつきましてはまたぽつぽつと。

スポンサーサイト

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。