FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤瀬川原平という人

 赤瀬川原平のことを考えると、いつの頃からか、私はまず「出口」を念頭に置くようになっていた。
 もうひとつの顔である、尾辻克彦名義で発表された短編小説で、この作品を表題作にいただいた作品集に収録されている。
 中年を過ぎたと思しき主人公が、深更に家路を急ぐ最中、うんこをもらしてしまうという経緯を、感慨も含めて丁寧に描写した好短編だ。
 十ページほどの極短い紙幅は、次の文章をもって締められている。

 予想したよりかなり手前に、そのモノらしきものがあった。それはそうだねえ、清原はしぶといよ、と家人に相づちを打ちながら、通り過ぎざまにシカと見ると、モノとはいってもかなり形崩れしている。そのなりたちを考えれば当然のことだ。あるいはその後、誰かが踏んづけたのかもしれない。もう風化しはじめていもいるだろう。ちょうど知り合いとすれ違ったらしく、家人が軽く会釈している。私も頭の傾きを少し同調させながら、それでも犬のものとは違うと思った。どちらかというと馬のものに似ている。


 自らの体から生まれて、自らとは訣別したものを、再び自らに引きつける文章的営為としてはまったく過不足ない名文だ。
 数日前に自分の肛門から望まれず放出されたうんこである。パンツを我が物顔でクラウチングスタートの要領で飛び出し、ズボンの内側を熱と汁と臭いを分け与えつつ、ももにひかがみふくらはぎを撫で、靴下に手をかけて、ようやく裾からひょこりと顔を出して行きがけの駄賃とばかりに靴にも別れのあいさつを行って地面に転がった張本人だ。身も世もない情けなさを味わわせ、妻のもの笑いを買う原因となった下手人だ。
 にもかかわらず、既に「私」はそれに憎らしさや厭わしさ以上に愛着を覚えつつある。なにしろものはものでもモノなのだ。そこらの犬ころのものとは生まれが違う。馬のものに似ているモノだ。馬並みとくれば、老境を間近に控えた齢としても、これは自慢である。
 けれども馬のものも似てはいても、それは同一物ではない。所詮はものであって、モノからは遠く隔たっている。なにしろこいつは「私」のモノなのだ。
 こうして自らの意志に反してもらしてしまったうんこの再同一化は果たされて、再び主題化することが可能となったところで「出口」は幕を閉じる。

 この「出口」が端的に描くように、赤瀬川原平という人は、見失われた主題を再構成し、新たに対象化する手がかりを作りだす名人だった。
 町中に点在する存在自体に使用価値のない構造物。道行く人が目の端に捉えて、ひとしきりその違和感を噛みしめてしまえば、あとは五歩も進むうちに記憶から消去してしまう。そんなはかないはずのものにトマソンという名称を与えて、永遠に記録に残してしまう。
 構造物はもちろんのこと、トマソン自体が私達の日常にぬるりと入り込んでくる。
 明治大正昭和を生き、発禁処分は数え切れぬほど、入獄経験すら持つ反骨のジャーナリスト宮武外骨は、その節操ない好奇心の故に、実体のとらえにくい人物だった。そこで赤瀬川は自ら外骨に扮することで対象となる道筋を作った。
 語彙の集積であるはずの国語辞典には、新解さんという名前を送り、人格化させていった。
 こうして個々に対象化しうるモノとなったそれぞれは、相変わらずほうぼうに溢れている。
 しかし、私達は一旦認識してしまったそれら対象を、もはや単純に見過ごすことはできない。
 壁に塗り込められた窓の名残に、ひょこりと突き出たなにをかばうでもない庇を目にした時、トマソンだと思わないわけにはいかなくなる。
 途端、これまでくり返されてきた日常は、トマソンに代表されるようなモノの媒介によって揺さぶりをかけられる。位相をわずかにずらされた世界は、見知らぬ顔を露わにする。
 居ながらにして異境に誘う手腕にすっかり浸りきっているうちに、けれどもその導き手は幽明境を異にしてしまった。
 さて、ものとなってしまった後に見れば、残されたものはトマソンであり、外骨であり、新解さんであり、老人力であり……。そうして赤瀬川原平という個人はすっかり霧の中に隠れてしまっていることに気付かされた。
 徹底した韜晦だと感嘆するほかない。
 はたしてこれから再び赤瀬川原平という人物をモノとして再発見するにはどうしたらよいものか。
 いかにも人を食った謎かけを残していってくれたものだと、こんな時なのについ微笑ましく思えてしまう。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。