スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩雪に舞う

 北村薫の『鷺と雪』を読みました。
 シリーズ第1作『街の灯』は単行本刊行直後に購って読んだので、全編読み切るまでずいぶんと時間を掛けてしまいました。
 女学生である〈わたし〉と、そのお抱え運転手としてある日雇われてきたベッキーさんこと別宮みつ子のふたりを主人公にあしらった連作ミステリであるこのシリーズは、『街の灯』『玻璃の天』そして『鷺と雪』で完結をみております。
 その謎解きの鮮やかさと昭和初期という時代を活写する筆の力の確かさを兼ね備えた珠玉の作品群でした。
 最終巻の本書では「不在の父」「獅子と地下鉄」そして表題作「鷺と雪」が収録されていますが、一般的な推理小説や探偵小説をイメージすると少々肩すかしを食うかもしれません。
 ここには侵入不能な密室や不可解な暗号といったシチュエーションはありませんし、そもそも殺人事件さえなく、それどころか事件として報じられるべき劇的な事態も謎解きの対象にはなっていません。
 かろうじて「不在の父」で描かれた人物消失が、そうしたミステリからから想像されるものに最も近いかと思えます。
「日常の謎」という、ジャンルとしてのミステリのサブカテゴリーとして表されるものがあります。
 何気ない日常の風景の中で、看過されるような出来事や言葉に違和を見出し、そこに隠された謎を明らかにしていくという手法で、著者である北村薫はデビュー作『空飛ぶ馬』以来これを得意としている作家なのです。
 この「日常の謎」は、それを解くにあたる理由づけを行う必要があります。
 例えば殺人事件や誘拐、盗難であれば、そのあたりは社会正義にまかせれば事は済みます。不可解な状況で殺された人物がいて、その犯人を求めるという行為には、それ以上の動機づけがなくとも読者は納得できるでしょう。
 けれども、日常の些細な光景の小さな差異を発見したからといって、それを追求するにはそれなりの理屈がなければ、読んでいても「どうしてそんなことが気になるの?」と白けてしまうでしょう。
 北村薫は、この理由づけをとても丁寧に時間をかけて描写してくれるので、読んでいて不自然を感じることがなく、ページを繰るうちに世界と謎にどんどん引き込まれてしまうのです。
 このあたり、おそらく当代随一といっても過言でない文章力の凄烈さがいかんなく発揮されています。
 そしてその理由づけに書かれたセリフや所作のひとつが、実は謎にからんでいたと知らされ、読み終えた後に深いカタルシスを味わわせてくれて、謎を基点として重層的に物語が組み上げられている構成の妙にも舌を巻かされるという具合です。
 この通称〈ベッキーさんとわたし〉シリーズでは、そこに昭和初期の、現在とは既に隔絶された時代の風俗や人情も合わさり、さらに深い物語の襞が重なり合っています。

「不在の父」は、白昼自宅から姿を消した子爵の謎を追うストーリーで、今では西洋の歴史やそれを模したファンタジー世界くらいでしかお目にかからない爵位という制度が、かつて日本にも存在して、それなりに重んじられていたという社会情勢を丁寧に書いてくれています。
「獅子と地下鉄」は良家の年端もいかない少年が夜にひとり上野でぶらついていたところを補導された、そのホワイダニットを明かす趣向です。上野に限らず、昭和初期における東京の土地土地の認識が、上層階級の人間の目から書かれ、土地ごとに引かれた境界線のようなものが認識できるようになっています。
「鷺と雪」は、「不在の父」と逆に、いるはずのないひとの目撃譚の謎を取り扱った作品で、物語の大きなキーとなる品物が、話のなかでさりげなく配置されているのがとてもうまく、また当時のお金の価値についても理解しやすい配慮がなされています。

 全編を通して、前2巻で大きな役割を果たしていたベッキーさんが、すっかり裏役に引っ込み、時折〈わたし〉に重要な助言を与えるところに落ち着いているのが印象的です。
 昭和7年を物語の発端として、昭和11年に幕を閉じたその4年間で、〈わたし〉がそれだけ成長したことを表し、それだけ大人としての成熟を帯びてきた主人公が一人前の大人として独り立ちしていこうとする様が、非常に手堅く描かれています。
 それだけに、物語の結末で〈わたし〉に降りかかる、感情的にも社会的にも強い衝撃が、鋭く読者にも食い込んできます。
 これに関しては、もう是非とも本文にあたってください。
 きっと、街の灯や玻璃という彩りを、最後に鷺と雪で塗り固めた作家の才に、ただ感嘆するほかなくなることでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 文学・小説 - ジャンル : 小説・文学

『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』翻訳原文比較

 2日続けての、デッドプール邦訳本の日本語的な言い回しが原文だとどうなっているんだろう、なコーナーです。
 今回は、昨日の『ホークアイ VS. デッドプール』と同じく、先月5月の末に発売されました『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』から。
 ただし、今回も短いです。といいますか、一ヶ所しかありません。
 単行本読まれた方はご存知と思うのですが、この『ケーブル&デッドプール』は話に途切れがありません。ひとつの事件の解決も大体8割くらいで次の話に移っていって、残った部分が新しいエピソードの伏線になっていたりします。
 以降の『Cable & Deadpool』誌も同じように続いてゆき、ストーリーが密な分、われらのおしゃべりな傭兵も、軽口はやまないものの、あまり脱線したおちゃらけもできないようです。
 それでその一ヶ所というのは、90ページと91ページの見開きで、ファサードウィルスの脅威にさらされたデッドプールとケーブルの危機的状況を描いた場面です。事態に見合わずひたすら下ネタを口にしているデッドプールですが、そこでの一連の会話のほとんどは原文にかなり忠実に、それでいてくだけた読みやすい日本語になっています。
 例えば「昔はMr.左手でヤッてたこともあったんだ。真の愛がありゃ…」というのは”Chill, Wade. You’ve made do with Señor Lefty before. True love is still possible..”で、右手が駄目なら左手でという意味を踏まえながら、自慰のほのめかしを忘れていません。
 そんななかで、唯一意訳的な文章となっているのは、

まぁ、その…お口は最後の武器、ってか?
Okay, so… … I guess Big Wax Lips are always an option, huh…?

 です。
 Wax Lipsは巨大な唇をかたどったキャンディで、主にハロウィンの日に用いられるアメリカではかなり馴染みのお菓子だそうです。
「思うんだけど、巨大なワックス・リップも選択肢のひとつだよな」
 直訳すればこんなところでしょう。
 文字通り手も足も出なくなったデッドプールが、大きな唇でケーブルに接したいと、ジョーク半分にいっている意味もありますし、先ほど挙げたMr.左手のような特殊な自慰プレイのひとつとして取り上げているのではないでしょうか。
 限られた文字数で、下品になり過ぎないよう、それでいて原文のニュアンスを殺さないように選ばれたこのセリフの変更は、かなり練られているように思えます。

続きを読む »

テーマ : アメコミ - ジャンル : アニメ・コミック

『ホークアイ VS. デッドプール』翻訳原文比較

 翻訳版デッドプールの、日本語独特の言い回しは原文だとどうなっているんだろう、なコーナー!
 今回は先月の末に出た『ホークアイ VS. デッドプール』を。
 いつにも増して少ないので要注意です。
 今回も上にShoPro版の翻訳とそのページ数を挙げて、下に原文を対応させています。

なんだよ、もしかしてお前、ロリ…(p. 39)
Isn’t she a little young for y..

 デッドプールが初めてケイトと邂逅した際のセリフですが、原文の方ではそこまで露骨にロリコンといっているわけではなく、むしろからかいの意味の方が強いのでしょう。
 それと、これはもしかして、ですが、からかいの対象はクリントの方よりは、子供と断定されたケイトの方に強いのかもしれません。だとすれば、次の暴力的なつっこみがケイトから入れられているのもしっくりきます。
 このあたりの感覚の違いは、なかなか本で読むだけだと理解しにくいです。

「手」
「足」
「特攻」(p. 110)
“Hand.”
“Foot.”
“Geronimo.”

 Geronimoは、アメリカ陸軍のパラシュート部隊が降下する際に叫ぶ掛け声とのことで、従軍経験のあるデッドプールらしい単語チョイスだといえます。
 またふたりのホークアイが、それぞれ狙いを口にしているのにあわせて、ブラックキャットの手下のイワンを狙っているのにも掛けているのでしょう。
 頭髪の片側だけを剃りあげるイワンの髪型は、モホーク刈りと呼ばれるもので、いわゆるアメリカインディアンを思い起こさせるスタイルであり、もちろんジェロニモはアパッチ族の戦士としてあまりにも有名です。

シークレットアベンジャーズ、勝利のポーズ!(p. 114)
“Secret Avengers Secret High-Five!”

 ハイタッチは和製英語で、実際にはここでいうように’High-Five’。
 アベンジャーズのトレードマークである「A」の字が隠されているから、シークレットハイタッチといっているのでしょう。

 今回はここまで!
 それと、毎度書いておりますが、この比較は翻訳の間違いや不正確を指摘するなどの、揶揄を含むものではありません。そもそも私にそんな能力ないです。翻訳を喜んでいることについて、私も決して人後に落ちるものではありませんから。
 ただ単純に、好奇心で調べたものを挙げているだけです。そこのあたり念のため。

テーマ : アメコミ - ジャンル : アニメ・コミック

周回遅れの戦車道入門

 多くの友人から勧められまして、遅まきながら観ました『ガールズ&パンツァー』。
 なるほど、とてもおもしろかったです。これまでまったくノーマークだった自分の目の利かなさにあきれるばかりです。
 まだテレビ版12話だけなのですが、実にテンポがよく、1話観るごとに弾みがついて、当初は全部視聴するのに2週間くらいかかるかなと思っていたのですが、1週間もかからずに一気に観終えることができました。
 いや、これでも、私としては速い方なんですよ……

 作品として、なにより視聴者にストレスを感じさせない作りが徹底されているのにただただ驚かされました。
 まだ通しで1度観たきりですので、そうした作劇のテクニックは、もっと詳しい方が多方面から検証されていることと思いますが、個人的に興味深く感じたのは、武部沙織という少女を視点保有人物に据えている点でした。
 第1話での西住みほに声を掛ける場面からはじまり、オープニングでカメラをのぞきこんでいるシーンなどなど、視聴者が武部沙織を基点として物語を俯瞰できる構造をできるかぎり踏襲している。
 だからストーリーにぶれがなくすっと頭に入ってくるんですね。
 通信士というポジションもそれを補助しているように感じます。
 あえて沙織の設定に深くつっこまないのもその一環なのでしょう。観ている側が抵抗なく、視点を借りることができるように。
 会話のなかで少しは出たのかもしれないのですが、他のあんこうさんチームのひとびとに比べて、沙織だけは家庭環境についてスポットが当たっていません。戦車道を選んだ理由も、逼迫したものではありませんし。特に最終話での凱旋シーンで、彼女だけまつわるキャラクターが登場しないのがそのあたり顕著に表しているように思えます。
 ただ、そうして物語に入り込みやすいように配置された武部沙織が、全編通して観ますと、しっかりと存在感を浮き上がらせてくるのは、セリフや行動で他のひとびととの区別化がされているためで、やはりとても丁寧に作り込まれた作品なのだなあとしみじみ感じさせられます。

 こうした完成度の高い作品に出会った際、どうしても感じざるをえない、観終えた際の虚脱が薄いのは、まだアンツィオ戦を描いたOVAと劇場版が控えているからでしょうか。
 こちらもこれから観るのがとても楽しみです!

テーマ : ガールズ&パンツァー - ジャンル : アニメ・コミック

映画『デッドプール』観てきました

 観てまいりました、劇場版『デッドプール』!
 おもしろかった!
 これまで公開されていた予告から想像される展開を心地よく裏切ってくれて、それでいてしっかりと全編つながるストーリーにはただただ楽しませてもらいました。
 とにかく見せ場の多い映画で、少しおとなしめな場面のときにはデッドプールがひたすらしゃべってくれているので、だれることなく一気にラストまで引っ張ってもらえます。
 私は字幕で見にいったのですが、下品なセリフも無理に意訳されていたりすることもなく、とにかく最低でろくでなしで最高でした。

 肝心のストーリーはといいますと、デッドプールのイヤーゼロからイヤーワンを描いた感じという表現がいちばんしっくりくる気がします。
 ウェイド・ウィルソンがどうしてデッドプールになり、どうしてデッドプールを続けているのか。初めてデッドプールに触れるひとにも、それがすんなりと入ってくる仕組みになっています。
 アクションやデッドプール自身の発言の過激さでうまく隠されていますが、物語自体の流れが実にスムーズで、登場人物ははちゃめちゃでろくでなしなのですが、話は一貫して破綻していないので観終わった後、爽快感がしっかりと残ります。
 マニアックなネタをストレートに消化しやすく出してくれていて、本当にすっきりと、素直におもしろかったといえる作品でした。
 あらかじめデッドプールを知っていると、ストーリー自体もはちゃめちゃなものを期待してしまうかもしれませんが、それは追々のお楽しみじゃないでしょうか。まずはしっかりとデッドプールというキャラクターを定着させてから!
 映画に新しいヒーローの誕生したことをまずは喜び、そしてそれを推していこうじゃありませんか。

 今回はTwitterでよくしてもらっている桝さんの仕切りで、そこにくっついていかせてもらったのですが、大阪なんばでの映画観賞後、せっかくだからということで、近くにあるアメコミカフェ&バー「CROSSOVER」にどやどやと押し掛けました。
 デッドプール映画初日(実は6/1に行ってきたのです)ということもあってか、平日夕方にもかかわらず店内満員で、無理矢理席を詰めて入れてもらいました。
 全員カクテルの「デッドプール」で乾杯して、バットマンピザとアンチヴェノムポテト(そういうメニューがあるんです)をおつまみに、アメコミ話に花を咲かせました。
 私は初めて寄せていただいたのですが、書架にびっしり詰まったアメコミに、洩れ聞こえてくる純度の濃い話題と、とても活気あふれるアメコミ空間でした。

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。