スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘭と狐と藍と

 以前に紹介させていただきましたが蕪村の「雉子啼くや眠りの森の朝ぼらけ」という句に強く惹かれまして、句集をパラパラと飛ばし読みしておりますと(もっとも、上の「眠りの森の」は私が探した限り見当たらないのですが)、とある句に行き当たりました。

蘭夕狐のくれし奇楠をたかむ(らんゆふべきつねのくれしきやらをたかむ)


 奇楠は伽羅と同義で、香木の名前です。
 私の引きました尾形仂校注による岩波文庫版『蕪村俳句集』では、この句に注が付されており、「蘭と狐は付合」とあります。
 付合といいますと、和歌に詳しい方は連歌における五・七・五の長句と七・七の短句を思い出されるでしょうが、ここでは例えば梅にうぐいすなどのように連想させるお約束のようなものと考えるべきでしょう。
 この狐に蘭がつきものとなったきっかけは、白楽天という名でも知られる唐代の詩人白居易の「凶宅」という漢詩です。
 長安にはかつて盛名を誇った人びとの家が、いまや多くその没落とともに廃墟として打ち捨てられていると場景を描き、

梟鳴松桂枝    (ふくろうは鳴く 松桂の枝
狐蔵蘭菊叢     狐は隠る 蘭菊の草むら)


 と、本来ならば気品高い植物としてはやされる松や桂が枝をなす木々の間、蘭や菊の生い茂る草の内には、不吉な動物の代表ともいうべきふくろうや狐が棲んでいると嘆いています。
 世俗的なものと高貴なものとの対比のおもしろさが人口に膾炙するにつれ一般化していったのでしょう、以来、狐と蘭の取り合わせが自明のように用いられるようになっていったとのことです。

 ただ、ふくろうと比べて、狐は『日本霊異記』から既に玄妙な記載がある通り、一概に害獣と決めつけてかかるわけにはいかないのは、これはみなさんの持つ狐のイメージとも合致するように思えます。
 このあたりの事情は、海を越えた向こうでも変わらないらしく、同じ白居易の詩でも「古冢狐」では妖狐の業を描きながらも、どこか憎みきれない風情をたたえています。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 小説・文学

直前の宣伝を

 改めまして告知です。
 明日、5月3日、大田区産業プラザPiO大展示ホールにて開かれますふたば☆ちゃんねるオンリー同人誌即売イベント「ふたば学園祭10」にサークル参加いたします。

 配置:G-15
 サークル名:文字スレ立てんな!

 です。
さんかくしかく 新刊は文庫サイズの小説本でタイトルは『さんかくしかく』。
 180ページで頒価は700円となります。
 OS擬人化の男性版Me坊とOSになりたかった女性の妙子によるラブコメとなっております。
 普段、不可解で不条理で不思議な話ばかり書いているので、「今年はラブコメでいきます」というと、方々で驚きの声が上がりましたよ。気持ちはわかる!
 しかし実際のところストレートな恋愛ものはかなりひさしぶりで、やっぱり難しかったです。
 いつもお世話になり通しのひねさんが、今年もすばらしい表紙カバーを描いてくださいました。
 さらに今回は挿絵までお引き受けいただけました。実はずいぶん以前より、お話はいただいていたのですが、肝心の私の原稿が上がらず、毎年ご厚意を袖にしていたという次第でして……。なんという贅沢者なんでしょう。
 そして、ついに今年は本文にまでイラストが!(相変わらず形にならない私の文章に多大なるご迷惑をお掛けいたしましたのですが)
 本当に感慨無量です。いただいた絵を拝見いたしまして、思わず声が上がりましたよ。自分の文章に絵がついてる、って。是非ともこれらの作品群は実物をお手にとってご覧いただければと思います。

続きを読む »

テーマ : 同人活動 - ジャンル : アニメ・コミック

よりぬきデッドプールさん番外編: Hawkeye vs Deadpool

HvsD_fc.jpg イベント用の原稿をやっている間に、『Hawkeye vs. Deadpool』を読んだのですが、これが滅法おもしろくて、ひさしぶりにスカッと楽しめる一冊でした。

 まず前後の話とつながりが薄いのがいい。
 ミニシリーズですのであたりまえといえばあたりまえなのですが、それでもなかには現行シリーズとか大型クロスオーバーにからんでくる話だったりして油断ならないのがアメコミですから、追いかけていないストーリーが説明もなくひょっこり顔を出して大混乱なんてことがままあります。
 ところが、この『Hawkeye vs. Deadpool』はそうした部分が極力避けられているので、いきなり読んでも話が通じます。
 ただ、一部のキャラクターだけは、ある程度知識があった方がわかりやすいのは、これはいたしかたないところでしょう。
 特に第三期『Deadpool』誌はまだ日本ではまったく翻訳されていませんので、そこに登場するキャラクターはなじみが薄いです。『Hawkeye vs. Deadpool』を読むにあたって、事前情報として知っておくと便利なのは次の三人です。(とはいえ、一応本文中でもかんたんな説明はあるのですが)
Preston.jpg
 エミリー・プレストン:S.H.I.E.L.D.のエージェントで、イラスト通り肝っ玉母さん的なポジションをになっています。

Adsit.jpg
 スコット・アドシット:同じくS.H.I.E.L.D.のエージェント、どちらかというとコメディリリーフ的な登場が多いです。

 デッドプールはプレストンとアドシットの仲介を受けて、S.H.I.E.L.D.の下請けのようなことをやっています。
Ellie.jpg
 エリー:デッドプールの実の娘。現在はプレストン家にあずけられて育てられています。

 これらの人びとがからんで展開される『Hawkeye vs. Deadpool』は、ハロウィーン当日に幕を開けます。
 近所の子どもたちがやってきてはお菓子をねだってくるこのお祭りを、クリント・バートンことホークアイもウルトロンの格好に扮してノリノリで待ち構えていました。
 ところが、
「ここでビッグサイズのキャンデーをもらえるって聞いたんだけど」
「そいつは聞きちがいだ、ビッツサイズさ」
「ちぇっ、なんだよ、ちっちぇえなあ」
 子どもたちのあまりに素直な感想がホークアイの心をえぐり、やさぐれさせてしまいます。
 折悪しく、そこになにやらわけありらしい男性がやって来たものの、すっかり虫の居所を悪くしたクリントは追い返してしまいます。
 直後、その男性はパニッシャーとデアデビルのニセモノ(似てない)の襲撃に合い死亡、自らの短気を悔い、ホークアイとたまたま居合わせたデッドプールは死亡した男性がなにを伝えようとしたのか、襲い掛かった連中はいったいどういう意図をもって行ったのかを調査しはじめます。
 その結果として、ニセモノたちは強力な催眠を受けて施術者の意のままに動くようになっていたこと、そして殺された男性は名うてのハッカーでS.H.I.E.L.D.の全エージェントの個人情報を不正に入手していてそのデータを渡すよう脅迫を受けていたことがわかってきます。
 S.H.I.E.L.D.はアメリカの安全保障を担う特殊組織です。この組織を構成する人びとを意のままに操れるようになれば、市民の安全は極めて厳しい危機にさらされることとなり、さらには国家として立ち行かなくなるおそれさえ大いにあります。
 事態を招いた責任を強く感じ、クリントは後ろに控えるであろう集団との対決を誓います。
 そしてデッドプールも手を貸そうとします。S.H.I.E.L.D.は今ではまんざら知らない仲でもないエージェントがいますし、なにより愛娘はそのエージェントのもとで暮らしているのです。とても人任せにはできないと言い募りますが、クリントは耳を貸そうともしません。
 こうしていがみ合いつつも、ふたりのヒーローによる悪の組織の追跡がはじまったのでした。

続きを読む »

テーマ : アニメ・コミック - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。