スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北村薫『太宰治の辞書』

DD.jpg 北村薫の「円紫さんと〈私〉」の新単行本が発売されたというのは、大きな事件でした。
 四月の上旬、ふと見た新聞の文芸欄に載せられていた『太宰治の辞書』という書名をひと目見るや、矢も楯もたまらず早速書店に急ぎ一冊を購いました。
 そのまま貪るように読み……
 といきたかったのですが、時期はちょうど入稿直前、いまだに八分通りしか完成していない原稿をひかえては一ページもひもとくことができず、ようやっとのことですべてに片をつけて、手を伸ばせる準備ができたのが一週間ほど前のことでした。
 これほどやきもきした時間を過ごしたのもひさしぶりです。
 けれども、その甲斐はありました。なにしろ、再びまた、春桜亭円紫さんと〈私〉の物語に触れることができたのですから。

「円紫さんと〈私〉」シリーズは、第一作『空飛ぶ馬』が1989年に上梓されたのをもって皮切りとします。
 作中で氏名の明かされない〈私〉が出会い、伝え聞く、ふと見逃してしまいそうな日常の中にまぎれ込んだ違和を、人気噺家である春桜亭円紫に相談することで、そこから思いもかけなかった真相が展開されていく、という型によって作られたミステリ連作です。
 ミステリとしての魅力的な謎の提示とその解決の鮮やかさはもちろんです。これはまったく闊達としかいいようのない展開で、読んだ後で気づかなかったことに悔しい思いをさせられることもしばしばなほどです。
 けれども、北村薫の著書の特徴は、それに並び、もしかしますとそれ以上に、文章のうまさが挙げられます。
 難しい言葉を使い、修辞の積み重ねで美文を書きだすというタイプではなく、私たちが普段使うような言葉を普段使うタイミングではめ込んでいるのですが、それが「ここしかない」という場所に組み込んでいるため、少ない言葉の数でもおそろしいほどに豊かな表情を織りなしていて、快さにただただ陶然とさせられてしまいます。
 魅惑の謎と流麗な文章の綾なすこのシリーズは、以後『夜の蝉』『秋の花』『六の宮の姫君』がほぼ年一冊のペースで刊行され、1998年の『朝霧』で続編が途絶えていました。
 そして先月、十七年の沈黙を破って、ついに新刊『太宰治の辞書』が刊行されたのです。
 こうなると、長らく待ちぼうけを食わされていたファンの興奮を、ご理解いただけるかと思います。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

ふたば学園祭10参加いたします!

 ご無沙汰しておりました。久しぶりの更新です。

 今年も5月3日に開かれます同人誌即売会「ふたば学園祭10」に参加いたします。
 その原稿で、最近はブログにまで手がまわらず、お越しいただいたみなさんにはご迷惑をおかけいたしました。
 まずは告知ということで、サークル名は「文字スレ立てんな!」、配置はG-15です。
 場所は東京の大田区産業プラザ大展示ホールです。
さんかくしかく 今年の新刊のタイトルは『さんかくしかく』。
 OS擬人化の一人であるMe坊と、OSになりたかった女性初島妙子とのラブコメとなっております。
 今回もひねさんがカバーのイラストを快諾してくださいました。そして、なんと今回は挿絵まで。
 どの一枚も素晴らしいものですので、是非とも本を手に取ってご覧ください。

 ふたば☆ちゃんねるという匿名画像掲示板の同人イベントですので、ジャンルはかなりマイナーなものとなりますが、普通の同人誌即売会ではちょっと見られない変わった催しも毎年多く行われております。
 人を選ぶことはまちがいなく、万人におすすめできるというものでもないのですが、一度サイトをのぞかれて、少しでも居心地よく感じられたら、一度イベントに足を運ばれるのもいいかと思います。
 当日ご参加の方はなにとぞよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。