スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯰絵からはじまる


 長く本屋に通っておりますと、直感的に「あ、この本は、今買っておかないと、次にいつ読む機会がくるかわからないな」と足を止めさせられることがあります。
Namazue.jpg コルネリウス・アウエハント著『鯰絵 民俗的想像力の世界』もそんな風にして出会った一冊です。
 岩波文庫の、それも白帯など、私からは縁遠いこと甚だしい分野の一冊で、まして名前だけ読んでもどこの国のどういう著者によるものなのかさっぱりわからないとくれば、普段なら書架の前を素通りして一顧だにせずにその存在にすら気付かなかったでしょう。
 たまたま表紙が見えるように展示されていて、たまたま神様(鹿島明神と知るのは本文を読んでかなりしてからです)が要石を持って大なまずを押しつぶしている図像に惹かれて、たまたま前半の図画の豊富なあたりに目を通して、たまたま持ち合わせのうちで一冊購ってもさほど懐が痛まない状況であって……様々な偶然が重なって初めてレジにまで運んだというのは、これはまったく本書の持つ力のせいであるというほかありません。

『鯰絵 民俗的想像力の世界』は、日本の江戸時代、安政二年(一八五五年)旧暦十月二日に起きた大地震を機縁にして、大流行した鯰をモチーフにした一連の版画をテーマに、日本における民間信仰の構造を描こうとした論文です。
 発表されたのは一九六四年、今から半世紀も前の、ある種古典としての色合いも持ちつつある書物といえるでしょう。
 著者のコルネリウス・アウエハントは、一九二〇年にオランダに生まれた文化人類学者で、主に日本を研究の対象に据えています。短期間ではありますが、日本へ留学した際には柳田国男の門下に入ったこともあり、その敬慕は本書の様々な個所に散見されます。
 日本文化に並々ならぬ傾倒を示した著者による、学位論文が本書であるだけに、なんとなく難しそう、おまけに索引まで含めれば六百ページを優に超える大部とくれば、伸ばしかけた手も自然引き戻したくなるのもいたしかたないところがあるかもしれません。
 けれども、それはちょっともったいないです。
 たしかにこの本はたやすいものではありません。特に後半部を占める、レヴィ=ストロースの影響を多分に受けた構造人類学的アプローチの数章は、半世紀を経た現在からすると時代的な制約もあり、いたずらに問題を複雑化しているように思える個所も少なくなく、門外漢からすると歯が立たないどころかとっかかりを見つけることさえ至難のわざという難所もひとつやふたつではありません。
 でも、それならば、自分の興味関心にだけ引きつけて、その個所だけに目を通してしまえばいいのです。
 そして、そうした読み方をしても、決して色あせることのない魅力が、この本には詰まっていると思えます。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

年のはじめの聴き比べ


 あけましておめでとうございます。
 本年もこのブログをよろしくお願い申し上げます。

 昨今は正月の風情がないなどともいわれますが、やっぱり元旦ともなりますと電車の乗客も少なく、幹線道路もふと見渡すと直線一台の車も見当たらないということもままあり、らしさを感じるのはさほど難しくないように思えます。

 それでも季節のにおいをかぎたいということになれば、落語を聞くというのもひとつの手段ではないでしょうか。
 落語は話の筋立てで季節を利用しているものも多く、季節の風物詩を主題としたものもいくらも見受けられます。
「初天神」もそんな演目の一つで、正月に高座にあげられる機会の多い噺になります。

 毎年一月二十五日、天満宮で行われる年初めの祭祀に、頼まれるまま子供をつれてやってきた父親。
 縁日が開かれ屋台の建ち並ぶなかで、父親は息子に、今日はお参りが目的なんだから、なにも買わないしねだったりしてはいけないと強く釘を刺す。
 子供は快活に了承したものの、それも束の間、子供は次々にあれを買ってくれこれを買ってくれとねだりはじめる。
 その都度約束をたてに断ろうとするものの、根負けして方々で騒ぎを起こしつつも、いわれるがままに買い与えてしまう。
 やがて凧上げ用の凧を買ったところで、まずは模範にと父親があげてみせるが、思いのほか楽しくなってしまい子供をほっぽりだして、自分が夢中になってしまう。
 それを見ておもしろくない子供は一言、
「父さんなんて初天神につれてこなきゃよかった」



 最初聞いた時は、実はあまり好きな題目ではありませんでした。
 とにかく出てくる子供かわいげが感じられず、父親の方にばかり感情移入してしまって笑いきれなかったのですね。
 けれども、何度か演者をかえて聞き返すうちに、子供に嫌気がさすというのも、噺家の技量にしてやられているのだと気付いてからは素直に楽しめるようになってきました。
 今回はそんな「初天神」を、所有する音源で聞き比べてみました。
 とはいえ「初天神」は人気の演目で、音源化されているものも数多く存在します。私の持っているものは、そのなかでもごく一部ですので、とてもこれで特定のなにかを語るというものではありません。
 ただ私が感じたまま、聞いたままを書いておりますので、せめて落語に興味があるという方の、なにかの参考にでもしてもらえたら幸いです。

続きを読む »

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。