スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡の国のマーベルヒーローズ

 アメコミといいますと、全身タイツ姿のヒーロー(ヒロイン)が強大な力で悪者をやっつけて一件落着という風なものというイメージが、日本ではだいたい七〇年代くらいから一般化されていたように思います。
 けれども、実際に現在邦訳されているものを読んでみますと、例えば映画にもなった『ウォッチメン』だとか、または各会社を代表するヒーローであるバットマンやスパイダーマンでも、およそ能天気に悪者退治をしているとはいいがたい、だれが悪人とも決めづらく、入り組んで一筋縄ではないかない話が並んでいます。
 けれども、そうしたものを続けて読んでおりますと段々とくたびれてまいりまして、元来は批判の対象でもあった、そうしたわかりやすい話というのも読みたくなってくるから、まったく読者というのは勝手なもんです。
IW_cover.jpg そんなわけで、ということもなく、まったくたまたまなのですが、最近読んでいたマーベルの『IDENTITY WARS』は、どちらかといえば、わかりやすいヒーローの活躍を描いたコミックで、ちんぷんかんぷんの英語も、なんとかコマの運びで読めた気にさせてくれる、マンガとしての楽しさの詰まった一冊でした。

 この『IDENTITY WARS』は概ねスパイダーマンの視点で物語が進んでいくのですが、他にもデッドプールとハルクをサブ主人公に据えたクロスオーバーのミニシリーズで、2011年に刊行された『The Amazing Spider-Man Annual #38』『Deadpool Annual #1』『The Incredible Hulk Annual #1』の三話から構成されています。
 アニュアルannualはアメコミの用語で年一回刊行のシリーズを指しますが、出たり出なかったりするようで、基本的には増刊号くらいに見られているみたいです。
 掲載された2011年といいますと、現在ShoProやヴィレッジブックスから邦訳の刊行が進んでいる『シークレットインベイジョン』(2008年)以後の展開もひと通り落ち着いた頃で、内戦やら侵略のごたごたにも後始末がついた時期にあたります。
 各キャラクターに暗い陰があまり落ちていないのも、そういうタイミングだったからかもしれません。

続きを読む »

スポンサーサイト

ゴッサム市警24時

 前にデッドプールの記事を書きましたが、以来ずっとアメコミづいておりまして、辞書片手に読めない英語をうんうんうなりながら読み進めています。
 まだ人からおもしろいと教えてもらったものに手を着けるのが精一杯で、とても現在進行形の話を追いかけるまでにはいたっておりませんが、アメコミの長い歴史の中で構築されていった珠玉の作品群になかば溺れながらもひたっております。
GC01_COVER.jpg そんなうちで、少し前にすすめられたのが、『Gotham Central ゴッサム・セントラル』です。
 前のデッドプールがスパイダーマンやキャプテンアメリカを有する企業であるマーベルコミックスの刊行物に登場するキャラクターで、こちらはもう一方の雄スーパーマンやバットマンのいるDCコミックスの一冊です。
 何度も映画化されているバットマンのシリーズですから、ご存知の方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、ゴッサムとはそのバットマンが主に活躍する都市ゴッサム・シティのことで、アメリカ東海岸に位置するとされる架空の大都市です。
 本作は、ゴッサム・シティの治安を守るべく日夜活動を続けるゴッサム市警察署(通称GCPD)に勤める人々の視点から、次々に起こる犯罪事件を通して垣間見える人間模様を描いた短編シリーズです。
 私の購入したBOOK ONEには三話が収録されておりますが、うち冒頭とその次の二話は内容的にも連結しています。
 今回はその二話を、できるだけネタバレをはさまないよう紹介してみたいと思います。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。