スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『DEADPOOL CLASSIC vol. 4』つづきのつづき

 デッドプールの最初のレギュラーシリーズを集めた『DEADPOOL CLASSIC vol. 4』の残りの収録作についてざっくりと。
 書き忘れていましたが、この本には1997年からはじまった第一期『DEADPOOL』の#18から25までが掲載されています。
 18、19号は「DEADPOOL/DEATH Annual ‘98」からの直接の続編で、ウェポンXの実験施設で被験者達に猛威をふるっていたAマンとのしがらみに決着がつきます。
 全編冬のアルプス山中が舞台になっているんですが、デッドプールほぼずっと上半身裸です。また登場するゲストヒロインがドイツ語しかしゃべれないので、語学に堪能な傭兵という設定が活用されているのを見ることができます。
 23、24、25号は「DEAD RECKONING」と題されたミニシリーズで、20号から22号はそのプロローグにあてられています。というか、どうもこの第1期レギュラーシリーズの冒頭から計画されていたストーリーが「DEAD RECKONING」らしく、知らないキャラクターが何人も説明なしに登場するんでちょっと混乱します。

続きを読む »

スポンサーサイト

デッドさんとデス様

 というわけで、『DEADPOOL CLASSIC vol. 4』に収録されている「DEADPOOL/DEATH Annual ‘98」につきまして。
DDA01.jpg

 前のブログ記事でも書きましたが、マーベルにおける死を司る女神であるデスと不死身のヒーローというかヴィランというかその時その場でなんでもありなデッドプールは相思相愛の仲であるというのは、デッドプール登場作品の翻訳がはじまる前から、ほうぼうでネタにされていたようです。
 この「DEADPOOL/DEATH Annual ‘98」はそんな二人のなれそめと、さらに超人としてのデッドプールの誕生秘話をもりこんだ話となっています。

DDA02.jpg いきなりだれかにぶん殴られたあげくに、崖から転落してデッドプール死亡という、なかなかにショッキングな幕開けで物語がはじまります。
 当時所持していたテレポーターを使って目的地に到着したところに、不意打ちの一撃を合わせられたのですが、扉一面使ってデッドプールの顔面にほぼ同じサイズの拳が迫っているイラストはなかなかのインパクトです。
 倒れているのと起きているのの二人のデッドプールが写っていますが、半分すけた起きている方が霊体ということなのでしょう。
 その後ろのドクロ顔でローブを羽織ったのがデスです。すぐ次のコマで霊体デッドプールの肩をたたくと、
「おお、愛しのカワイコちゃん。俺ちゃん、キミのこの冷え切った指のことを忘れちゃってたよ」
なんてセリフが返ってきてますので、どうやらマスクとかじゃなくて本当に全身ガイコツみたいです。
 長らく相まみえることのなかった二人の再会を機に、デッドプールは過去を、はじめの出会いを、きっかけを含めて回想していきます。
(以下ラストまでネタバレがあります。ご注意ください)

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。