スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人体のユートピア あるいは金関丈夫のこと

 金関丈夫という人がおりました。
 分類するならば解剖学者かつ自然人類学者ということになります。
 人類学と解剖学というこの取り合わせを怪訝に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 けれども、そうした向きには『発掘から推理する』の冒頭におかれた一編「前線で戦死した巫女 ヤジリがささった頭骨」を是非読んでいただきたいと思います。
 このエッセイは長崎県平戸島根獅子という土地の弥生時代中期の遺跡より発見されたひとつの頭蓋骨に残された傷跡と、いっしょに埋葬されていた致命傷となったと思しき矢じりの紹介からはじまり、服飾品や骨の形から性別や役職を推理し、古文献や他の発掘例から死亡状況と当時の習俗を想像するという内容になっていまして、人体に対する解剖学的見地と時代背景への人類学的知識が互いに補い合って論を展開していきます。
 解剖学による人体についての知識は発掘された骨から、文字の残されなかった先史時代の情景を雄弁に物語る文物に似たものであり、人類学知識をもってそれを解読していくのです。
 そして、この非常にスリリングな推理を、最大限に愉しんでいるのは、当の金関丈夫その人であるのが文章からもありありと伝わってきます。

 金関丈夫は明治30年(1897年)に香川で生まれ、京都帝国大学医学部を卒業後、台北帝国大学医学部に進み台湾から東アジアにいたる遺跡での発掘調査に従事しました。戦後は九州大学で教鞭をとり、島根大学、山口大学、帝塚山大学の教授を歴任された、肩書きだけとればいかにも学者らしい学者です。
 ところがひとたび文筆を執れば奔放かつ不羈のテーマと内容で読者を唖然とさせます。
 例えばスサノオ、ヤマトタケル、牛若丸などを挙げての神話以来の日本男子による女装史である「箸・櫛・つるぎ」、古今東西の聖女の神聖なる法悦を性的エクスタシーと考察する「神を待つ女」、日本の古典文学の中から自慰を示すと思しき部位を列挙していく「榻のはしがき」……
 なんだかシモの方に話が集中しておりますが、かと思えば古代の骨を使った占い法について日中の比較を行った「卜骨談義」があり、島根県の独特な地名「十六島(ウップルイ)」を古典籍により考証していく「十六島名称考」などではアカデミックな香りを一気に濃厚にさせます。
 硬いものが続くと身構えれば、和漢洋の書籍をふんだんにちりばめながら語り口は軽やかな「長屋大学」のようなエッセイがあり、アジアのにおいが強くなりすぎてきたと感じた頃には不意に「マドリッドのたそがれ」で昭和初期におもむいたヨーロッパの印象を色鮮やかに描いてみせてくれて泰西の空気を颯爽と吹き込ませてくれます。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 小説・文学

悪趣味のユートピア あるいは渡辺一夫のこと

 渡辺一夫のことを悪趣味な人だといえば、鼻白む人がいるかもしれません。
 かくいう私もそんな一人で、書いているのが自分自身でなければ喰ってかかっているところです。
 もっとも、渡辺一夫といいましても、文学畑にいなければ巷間の知名度は著しく低い、その中にいてさえ知る人は多くない人物ですので杞憂といえば杞憂なのかもしれません。

 渡辺一夫(1901-1975)は東京生まれ東京育ちの仏文学者です。日本で初めてフランス文学により博士号を取得した辰野隆の直接の教え子にあたり、太平洋戦争前後の東京大学にて教授を務め、その薫陶を受けた人物には加藤周一、森有正、大江健三郎などが名前を連ねます。
 語学・文学の教師として教壇に立つことを第一としながら、翻訳にも積極的で、ヴィリエ・ド・リラダン、フローベールなど、昭和前期にはまだ本邦にほとんど入ってきていなかったフランス文学の紹介を手掛け、エラスムスの『痴愚神礼讃』やトーマス・マンの「五つの証言」など時局に相応した啓蒙的な書籍の仲介役ともなりました。

続きを読む »

周園のユートピア あるいは林達夫のこと

 澁澤龍彦の「悦ばしき知恵」にあやかり、いついかなる時にも自らを見失うことなく、溌剌と学問のフィールドに遊んだ人について筆の走るままに書き綴ってみたい。いかにも楽しそうに学問や研究に向き合って微笑む人々の、その満面の笑顔をほんの片鱗でも伝え、読んでいる人にも笑いを提供したい。
 そんなだいそれた野望のもとに、つけもつけたりで「愉しき知恵」なんてきざったらしい題名をつけたからには、澁澤の轍にならい、まずは林達夫という人物にスポットを当てるのがものの道理だということになるのでしょうが、となりますと、どうしましてももう十年以上前のある経験から話を進めなくてはなりません。

 学生だった頃のゼミで、当時指導していただいていた中国哲学の専門家である中島隆博先生が、ふと思いついたように、次のような質問を投げ掛けられたことがありました。
「円の外周を表す線は円の内側にあるでしょうか、外側にあるでしょうか」
 いつも通りの低音でありながら張りのある声で、少なからずのいたずら心をこめたこの問い掛けに、室内にいた私達はすっかり困ってしまいました。
 ゼミも開始されて半年近く経っていた頃です。当初教室をにぎわしていた学生は一人減り二人減り、やがて片手で数えるにも指が余るほどになると、大学側から指定された教室では閑散として感じられるようになり、開講が喫茶店から先生自身の研究室にと転々としておりました。
 講義中のひとりごとではなく、明確に回答を求めてのものですから、だれかがなにかをいわない限りは話が先に進みません。
 その時、だれがどのように答えたのかは覚えていませんが、ただ先生は一、二度うなずきつついつも通りの「なるほど」という語尾をややあげる返事をして切り上げてしまいました。

続きを読む »

文章のユートピア あるいは澁澤龍彦のこと

 悦ばしき知恵gai savoir。中世プロヴァンスの吟遊詩人が、きゅうくつなスコラ哲学による語法に対抗して、俗語でもって歌謡を行ったことに端を発する用語で、一般に広く流布されるにいたったのはニーチェが自著の題名として選択したことによります。
 けれども哲学から遠く隔たったところにいる私がこの言葉を知ったのは、澁澤龍彦を経由してでした。

 氏の本格的な書評集としては唯一の刊本となった『偏愛的作家論』はまだ二十歳になるかならないかの頃の私の座右の書で、それこそ偏愛して一編一編にくり返し目を通しておりました。
 今でも覚束ない私の知識ですから、その頃ときたら箸にも棒にもかかったものではなく、展開された批評的な言説の理解など到底おぼつかず、ただ散りばめられた先哲の名を珠玉のきらめきとして目を細めて眺めるのが精一杯でした。
 てなわけですから、正直なところ、再読を重ねたはずの本書の記憶はほとんどまるっきり残っておらず、ただわずかに脳みその片すみにかろうじて引っかかっているのが、この「悦ばしき知恵」でした。
 悦ばしき知恵が登場するのは二ヶ所、南方熊楠と林達夫への評においてです。
 歩く百科事典とすら呼ばれた熊楠と、実際に百科事典の編集にたずさわった林達夫。タイプは違えど、明治以降の生んだ日本の大知識人の典型というべき二人を同じ言葉で形容しているのがとても興味深く感じられました。
 おそらく、この二人を通して、私は「悦ばしき知恵」という単語の向こうに澁澤龍彦の名をうっすら遠望していたように思えます。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。