FC2ブログ

ぱんあ22新刊情報


 来る6月23日(日)に東京の大田区産業プラザPiOで開催されます「ぱんっあ☆ふぉー!22」に参加いたします。
 というか、明日だ!
 ……すっかりイベント前の更新も滞り気味で申し訳ありません。

 配置はC-11「有滑稽」となります。

 今回の新刊は『雲はれて』。A5版36ページで予価500円です。
告知01

 無限軌道杯を間近に控える晩秋の一日、戦車道にて使用される砲弾の公開発射試験を見学するために赴いた青森県猿ヶ森砂丘で、西住まほは継続高校隊長ミカと再会を果たす。
 防衛装備庁の下北試験場に使用されているこの砂丘は、その年の全国高校生大会の2回戦で、黒森峰と継続がぶつかった試合会場でもあり、いくらかの懐かしさと緊張感を覚えつつ、まほとミカが久闊を叙し合っていると、突然、その砂の大地の自然が襲い掛かる。
 予測もしていなかった事態に、仰天するふたりに、追い打ちをかけるように、さらに異変は進行し、砂丘に面した海上、太平洋の上にぽっかりと浮かぶ城が姿を現していたのだった……

 前触れなく出来する異変、まほミカともに内心に秘めた悩み、冬を前にした北の地で、不思議が交錯する。
 という内容と同量か、それ以上に、まほミカさんの掛け合い漫才もたっぷり用意しております。

 表紙はいるかっとさん(TwitterPixiv)に描いていただけました。
 この光と影にいるふたりが、私の抱いていたまほミカにぴったり当てはまったんですよ。日向にいつつも影の掛かったまほと、影にたたずみつつも光を帯びつつあるミカ。これは本当にふたりを端的に表す、すごい一枚ですよ、本当。
 個人的に、ガーゴイルっていうスラッシュメタルバンドが好きでして、その『我意在』というアルバムに入っている「やがてひかる」という曲が、実に西住まほとミカというふたりにぴったりな内容なんですね。機会ありましたら、是非とも聴いてみてください。
 そして挿絵は鋸屋さん(TwitterPixiv)が引き受けてくださいました。
 風をまといハーモニカ吹くミカさんの、一見澄ましているようながら、喜び望み憂いなどといった様々な思いがこもった表情が素晴らしいです。さらに、ここでは見えないですが、全体像がまた最高なんですよ。しなやかながら豊かな全身の麗しさは、是非とも拝見していただきたいことろです。

 そんな完璧ともいえるおふたりの御助力をいただき完成した一冊です。
 まほミカさん好きな方も、そうでない方も、是非ともご一読ください!
スポンサーサイト



大阪ぱんあの告知です

 久しぶりの更新が告知ですが、告知です。申し訳なく!

 6月24日(日) インテックス大阪にて開催される「ぱんっあ☆ふぉー!17」に参加いたします。
 サークルスペースは エ-45a「有滑稽」 です。
 新刊は『Glockenspiele Joker 時計仕掛けの浄火』まほミカ小説本です。
 A5版 52ページ 500円となります。
新刊宣伝
 時系列的に原作よりも未来の世界のIFストーリーで、大学生になったまほミカさんの物語となります。
 表紙をいるかっとさん、挿絵をぞるさんに御担当いただけました。

 また既刊も各種持っていきます。
お品書き
 もう明日ですが、御参加のみなさん、よろしくお願いいたします!

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

イベント参加のお知らせ

 すっかりご無沙汰となってしまいましたが、なんとか生きております。

 さて、ご無沙汰といいますと、私の個人サークル有滑稽ですが、長らくの凍結を経まして、活動を再開いたします。
 久しぶりのイベント参加となりますのは、2017年1月22日! そう! つまり今日です! なんてこった!

 その本日、大阪はAAホールの2階にて開催されます、ガールズ&パンツァーオンリーイベント「おおさか作戦です!」に名を連ねております。
 配置場所は「ひまわり中隊 4」です。

 今回刊行させていただきます新刊は『まだみぬほのかな恋心』。
 西住まほと継続高校のミカのふたりがメインで、熱を出して悪夢にうなされるまほのもとにミカが看病にやってきて……という短い小説がメインとなっております。
 お品書き(といいましても1冊きりですが)はこちらです。
宣伝用03
 今回は素敵な表紙と挿絵をQZO。さんに、そしてもう1枚の挿絵をほたけさんにお願いいたしました。
 ひとに話すと割と引かれるくらいの無茶なスケジュールにもかかわらず、快くお引き受けくださったおふたりには、もうただただ感謝するしかありません。

 イベント頒布価格はA5版28ページ400円となっております。

 本日、大阪に出向く御用のおありの皆様は、是非とも足をお運びいただけますと幸いです。

テーマ : お知らせ - ジャンル : 小説・文学

ふたば学園祭お疲れ様でした

 もう2日経過したわけですが、「ふたば★学園祭11」に参加してまいりました。
 ご参加のみなさんお疲れ様でした。
 うちのサークルに立ち寄ってくださいました方々、本当にありがとうございました。

 今回はうちの隣りが事故用スペースということで空いていたのですが、ちょうど通路脇で一般参加者が非常に入り込みやすい位置関係になっていたのですね。
 やはりといいますか、開幕直後はその空いた場所でいろいろと整理する方がいました。購入物をカバンに詰める、ちょっと立ち止まって会場地図を確認する、くらいなら別に目くじらを立てることもないと思うのですが、さすがに完全に立ち止まって荷物広げられはじめると少々逸脱している感は否めないので、「こちらもサークルスペースですよ」と声をかけさせていただいたこともありました。
 すると、しばらくしてスタッフさんがやって来てくださいまして、しばらくは入り込まないように立って人の流れをさばいてくださいました。
 はじめのラッシュを過ぎますと、もうスペースに入ろうという人もなく、流れもスムーズになっていきました。
 これを見ていると、学園祭は一般参加者もイベント参加者という意識が非常に強いイベントなんだなと、改めて感心してしまいました。
 スタッフ、サークル参加者、一般参加者、それぞれが自分の範囲を守って、イベント自体を円滑に開催できるように行動している。
 よく「ふたば学園祭はもう同窓会だな」と、冗談か揶揄かわからない口調でいわれますが、個人的にはこうした距離感をお互いに保っていられるのなら、同窓会でも同人誌即売会でもどちらでもいいんじゃないかなと思えます。

 ありましたら、また来年、再びみなさんとお会いいたしましょう。

テーマ : 同人活動日記 - ジャンル : アニメ・コミック

ふたば学園祭の告知です

 というわけで、なんとか入稿済ませました。
 掲示板サイト「ふたば☆ちゃんねる」のイベント「ふたば★学園祭」は、一応同人誌即売会の形式をとっておりますが、結構特殊な催しでして、ミニ四駆が走り、最新の宇宙科学講座が開かれ、習字が舞い、お面が回転するという……待って! まだこれでも理解しやすい部分を説明したんですから!
 どちらかというと、ひとつのコミュニティに帰属するひとたちの一年に一度のお祭りという意味合いが強いです。
 ですので、その内部の言葉を知っていないと、ジョークそのものが理解できなかったり、すごく不謹慎なものと受け止められかねなかったりする部分もあります。でも、それはある程度どういうコミュニティでも抱えているものだと思うのですよね。
 そうした差異を念頭におけると、まったく初めてで知識なしでも結構楽しめるイベントじゃないかと思います。少なくとも、一般的な同人誌即売会の範疇には収まらないイベントが四六時中どこかで起こっていて目まぐるしいくらいです。

続きを読む »

テーマ : お知らせ - ジャンル : 小説・文学